HSPとして生きるための理念

こんにちは、HSP&エンパス歴32年目の関根(@cekineco)です。

HSPに限らず、自分にとって大切な価値観や核となる考えを持って生きたほうが生きやすいです。

これがないとブレてしまいますし、目標や目的が口だけになったり、そもそも目的や目標がないつまらない人生になって、生きづらさを感じるようになってしまうからです。

そして、こういった価値観や核を考えることが自分と向き合うことにも繋がるので、どう生きれば良いか、息苦しくない自分で生きていくための指針になったりします。

 

かっこよくいうと「理念」みたいなものですね。会社でよくあるアレです。

ここではHSPでもあり、エンパスでもある僕の理念を書いていきますが、あくまでここに書かれた理念は僕に合った理念です。それを強制することはもちろん、こうじゃなきゃいけないなんてこともありません。

 

【セキネの理念】
一、気にしいを極める
一、誰かのためになる生き方をする
一、無理したいときだけ無理をする

ここにすべてが凝縮されていると思っていて、これから生きていく中でもっと大切な価値観に気づけばいつでもアップロードしていく感覚ですね。

すごくシンプルにいうと、「自分を認め、認めた自分をどう活かせるか考え、大切な人だけを大切にする思考」みたいな感じです。

大衆を動かすエネルギーはないですし、悪どいことをして人気者になってもモヤモヤするので、細く長く、でも太く太く密度の濃い人生にしていきたいですね。

 

HSPの人のオススメの理念

基本的にどんな理念を持っても良いと思うのですが、HSPだからこその個性を含めると生きやすさや楽しさが出てくるのかなと思っています。

例えば、HSPであればいろんなことに気になってしまうと思いますし、人の顔色を伺ってしまったり、空気を読みすぎてしまったりといった日常があると思います。

これを消そうとしたり、こんな自分がイヤだと感じてしまうと、自分自身に逆らう形になってモヤモヤしますし、余計にしんどくなったりします。

 

そこを逆らうのではなく、「認める → 活かせないか考える」という工程を踏んでいくだけで、人生観が変わり生きやすくなってくるはずです。

物事は表裏一体なので、悪い面を消そうとするのではなく、良い面を出していく、良い面を磨いていくという考え方にするだけでも、サクッとモヤモヤが晴れてくるかもしれません。

 

それを踏まえてオススメの理念は、

■ 気質をスキルと捉えて、それを活かせること
■ それを誰かのために使うこと
■ 自分の理想のライフスタイルを掲げること
■ どんな人が好きかを明確にすること
■ 自己愛をどこで満たしていくか

このあたりを理念として持っておくのがオススメです。

 

HSPをうまく操っていくためには、自分の軸を持つことが最短ルートです。

なかなか自分の軸が定まらない場合は、僕だけでなく、いろんな人の大切にしている価値観や自分との向き合い方を見聞きして、自分に合う理念を作ってみてください。