Home > ビジネス > 仕事は断っても良い?安請負は信頼を失うキーワード。

仕事は断っても良い?安請負は信頼を失うキーワード。

「お客様のためにどんな無理難題でも対応しようとする姿勢」と「無理なことは無理ときっぱり断ってしまうスタンス」、ビジネスではどちらが良いと思いますか?

どちらかが正解だったとしても、おそらくどちらを選んでも「間違い」ということはないです。

僕は完全に「無理なことは無理ときっぱり断ってしまうスタンス」派なのですが、もちろん出来る限りお客様の要望には応えたい気持ちはあります。ただし、商売をする以上、常に責任があるということを覚えておかなければなりません。

どういうことか。

お客様の要望が値下げ交渉だったとし、目先のお金が欲しいがために通常よりも安く請け負ったとします。まずこの時点で、バレるバレない関係なく、通常の価格で購入されたお客様を裏切る行為になります。

大々的に「お安くなりました!」と広告を出すのとは別の話で、あくまでお客様ごとに価格を変えてしまうという行為です。

安くしてもらったお客様は嬉しいかもしれませんが、『あそこは言えば安くなるわよ?』と周りに言いふらされてしまったらたまったもんじゃありません。

某大手家電量販店ではよくある例ですが、資本力の大きさと業態が「ぎり有り」のラインです。まず仕入値があり、利益率を増やすか減らすか、在庫をさばくか残すかという観点でも変わります。

あとは事業主の心の問題です。

「安くしたんだから、ちょっとぐらい手を抜いても良いだろう」と安易な考えでいると大目玉を食らう結果になります。自分にとって「手を抜く」ための言い訳であり、言わば、「手を抜きたい」という目的を果たすために価格を下げたと言われてもおかしくありません。

1円でももらった以上は、1円以上の価値と引き換える責任があります。ここを放棄してしまったら商売は成り立たなくなり、いずれ廃業に追い込まれることになってしまいます。

商売は信頼がとても大切であるということは多くの人が分かっていることだと思うのですが、どうしても今貰えるお金が目の前にチラついていると、信頼云々よりも先に目が円マークになってしまう人もいるようです。

あとは値段をコロコロ変えたりする人も信用は薄いです。「自分がプライドを持って価格設定したんじゃないの?そんなにコロコロ変わるかねぇ?!」と思ってしまいます。

失うは一瞬、得るは一生。

資本力がなくて小さい事業であればあるほど、人一倍責任感を持って顧客獲得を目指しましょう。最も簡単に信頼を得るヒントは、「お客様の心理を考えること」です。

 

cekineco

お知らせ

宜しければ、下記SNSも閲覧及びフォローをお願い致します。

オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/cekineco/

ツイッター
https://twitter.com/cekineco

インスタグラム
https://www.instagram.com/cekineco.572/

Facebook
https://www.facebook.com/cekineco

Comments
シェアShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page