Home > ビジネス > 今の自分を大きく変えるための3つの方法。

今の自分を大きく変えるための3つの方法。

「今のままじゃいけない、もっと頑張らなきゃ」と思っても、実際になにをしたら良いかと考えることに悩んでしまうこともあるかと思います。

真面目な人ほど深く悩んでしまい、行動に至るまでに時間がかかってしまうのもよくあることです。

昔から、自分を大きく変えるためには3つの方法があると言われています。この3つの方法を既に知っていたとしても、その理由を知らなければ変える決心が付きにくいものです。

この記事で理由もしっかりと書いていきますので、知らなかった方はぜひ覚えて頂けたらと思います。

1、環境を変える

一番簡単に言うと「引越しをする」ということです。引越しをすると大きく環境が変わります。これまで住んでいた家と離れることで何かに執着したりしなくて済むようになったり、煩わしい付き合いもなくなったりします。

引越しが難しい場合は部屋の模様替えをするのも効果的です。自宅で仕事をしているのであれば尚更、仕事しやすい空間にカスタマイズしたり、リラックスしながら作業が出来るように自分の好きなように演出します。

これは、「今までと同じではいけない」という条件を引越しや模様替えをすることにより、半強制的に自分を「行動」させることに繋げているのです。

2、付き合う人を変える

基本的には人に依存するのはお互いによくありません。カウンセリングや心理関係では「共依存」と言ったりもします。

学生時代をイメージすると分かりやすいのですが、悪さをするグループに属していると自分も悪さをするようになりますよね。面白い例で言うと、モテる人のグループに属していると、自然と自分もモテるようになったりするのです。

このように人は影響されやすい仕組みになっているので、人に依存をしないで、自分にとって有益な存在でない人はきっぱり切り捨ててしまうのが良いです。よく聞く例でいうと、「お金持ちの周りにはお金持ちが集まる」です。

一生懸命なにかを頑張っている人なら、これまで付き合いのある人と関係が終わってしまったとしても、必ず自分の合う人が表れます。というより、集められる方法だって知ることが出来ます。

3、習慣を変える

1、2に比べ、一番簡単に実行出来ることなのですが、すごく大事な部分です。今の習慣に慣れていると、それが楽に感じると思います。「慣れ」という字があるだけに、無意識に出来ちゃうレベルということです。

毎晩テレビを2時間見る習慣がある人は、毎晩本を2時間読むという習慣に変えてみることが変化へのきっかけとなります。

「変化」は恐怖と不安の連続です。だから多くの人はそれを恐れて行動に繋がらないのですが、楽な状態に慣れてしまっているとちょっと頑張ることにさえも苦痛に感じてしまうんですよね。

夢を叶えたり、目標を達成させることって簡単なことじゃなくて、いろんな壁をよじ登っていかないとたどり着けないものだったりします。なにかに挑戦したことのある人であれば、この感覚はよく分かると思います。

どれか1つからでも良い

上記3つの方法を一度に全部出来れば最高ですが、なかなかそうもいかないと思うので、どれか1つだけでも良いのでそこから始めてみてください。

一度に3つ全部と一度に1つでは、スピードにそれなりの大きな差はありますが、まずは行動してみることが大切だと思います。

「こういうことか!」待ちを作る

何かを調べていて、「なるほど、こういうことか!」と心の中で叫んだ経験はありませんか?僕はしょっちゅうあります。

環境を変えたけど実感が湧かない、精神論を学んだけど実感が湧かない、これは当然のことです。行動や学びというのは、「こういうことか!」待ちをしている状況です。

しかし、この「待ち」を作らなければ行動や学びの意味がなくなってしまうのですごく大切な要素です。気づきを得た瞬間、そこで始めて人は変わります。

待ちを多く作れば作るほど、変化する回数やスピードはこれまでとは全然違ってくると思いますので、この感覚をいち早く身につけてみてください。

cekineco

お知らせ

宜しければ、下記SNSも閲覧及びフォローをお願い致します。

オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/cekineco/

ツイッター
https://twitter.com/cekineco

インスタグラム
https://www.instagram.com/cekineco.572/

Facebook
https://www.facebook.com/cekineco

Comments
シェアShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Print this page