必死の人が大好きです。

昨夜、仕事で必要なファイルを見つけるべく、外付けHDDの中のフォルダを見ていました。

今現在もそうなのですが、わたくし芸能プロダクションを経営しているので、音楽プロデューサーとしてプロデュースしていた頃の歌やダンス、レッスン映像がファイルとして残っています。

懐かしい映像もあったりしたので、少しの時間ちょこちょこといろんな映像を見ていたのですが、そこで「やっぱり必死さって良いなぁ」と再認識することが出来ました。

僕は作詞作曲、衣装選定、歌唱指導などを行っているのですが、歌が未経験の子はもちろん基礎も知らなければ、大切にするポイントなども一切知りません。

これは当たり前のことで、小学生で例えると1年生なので、ここからたくさんのことを学んでいくという成長過程があるのです。

トレーニングを積むようになり、半年が経つと少しずつ「歌う」という恥じらいが取れてきたり、1年も経つと硬かった表情に少しだけ余裕が出てきたり、見守る立場でもあり、指導する立場でもある僕は毎日は楽しいです。

その中で僕が一番大切にしているのは「必死さ」です。上手じゃなくて当たり前、まだ何も出来なくて当たり前の子だったとしても、ひとつだけ届けられるものがあります。それがこの「必死さ」だと思うのです。

必死な表情で取り組む姿勢、出来なくても何回も何回もチャレンジする姿勢、これらの姿勢を僕が感じることが出来たとき、一気に心に火がつきます。「この必死さを絶対に無駄にしたくない!」心の底からこう思います。

逆に言うと必死さがない人には僕も本気になれません。仮に仕事としてお金をもらっていたとしても返金するレベルですし、そもそも引き受けることもしません。

冷たい言い方かもしれませんが、自分のやりたいこと、好きなことに必死になれない人には興味がないんです。必死さがある人、必死さがない人、どちらにも同じエネルギーを注いで中途半端にバラけてしまうのなら、必死さがある人に僕のすべてのエネルギーを使いたいと思っています。

今は芸能プロダクションとしての仕事はセーブして、経営コンサルティングや社長プロデュースに力を入れていますが、ここでもやはり僕が意識してしまうのは「必死さ」です。

僕の仕事のすべてに共通している点なので、この「必死さ」というキーワードを再認識出来たこと、昨夜のきっかけに感謝です。

Kohei Sekine
(CekineCo)

コムコナ合同会社CEO/超感覚カウンセラー/引き寄せ超感覚コンサルタント

元音楽プロデューサー、元作詞作曲家、元ボイストレーナー。小さな頃からエンパス・テレパスなどのスピリチュアル的能力を持ち、現在はチャネリングやエンパス・テレパスを活かし、カウンセリングやリーディングを行なっています。

主なセッションメニューは、カウンセリング、グリーフケア、チャネリング、ハイヤーセルフリーディング、起業プロデュースなど。

テレパス(telepath)とエンパス(empath)で豊かな心へ導く(lead)、「Tlemple(トレンプル)」というオリジナルの技法でセッションを行ないます。各セッションは「Salon Tlemple」からお申し込みいただくことができます。

お知らせ

猫カフェ風公開お悩み相談会 Vol.1
2018年02月17日 13:00〜15:00

猫カフェ風公開お悩み相談会 Vol.2
2018年03月03日 13:00〜15:00

猫カフェ風のセッションルームでイベント開催します!

2018.01.29

【各セッションのお申し込み】
*サロン・トレンプル*
https://tlemple.comcona.com

*CekineCo Facebook*
https://www.facebook.com/cekineco

*CekineCo Twitter*
https://twitter.com/cekineco

*cekineco Instagram*
https://www.instagram.com/cekinecocci

シェアしていただけると嬉しいです!