パニック障害!?僕にパニック症状が現れたときに行なったこと。

僕は超感覚カウンセラーという立場上、人様からは「精神状態が常に良い人」「精神状態が悪くなっても改善する方法をすぐに見いだせる人」と思われていることが多々あります。

決してそんなことはありません。

今日歯医者さんに行ってきたのですが、ちょうど思い出したことがありましたので、今日はパニック症状についてお話していこうと思います。

数年前、歯医者さんに行かなければいけない状態になり、治療に通っていました。

恥ずかしながら僕は歯医者さんが大嫌いでして、予約日の何日も前から「嫌だなぁ嫌だなぁ」という不安などのネガティブが心を支配し始めます。

とくに注射が嫌いなのですが、ある日先生から『はい、じゃあちょっとチクッとしますからね〜』と言われて『は〜い』と答えたと同時に、目の前が真っ暗になり、大量の脂汗のようなものが全身から出始め、めまい、動悸、焦りなどが僕に襲い掛かってきました。

なんとか注射が終わり、麻酔が効くまで数分の待ち時間の段階までは進むことができたのですが、症状が一向に治まりません。

「万が一先生が戻ってきたときにまだこの症状が続くようであれば、少し休ませてもらえるようにお願いしよう・・・」

心の中でこう考えていると、少しずつ症状が治まり(視界がひらけるような感覚)、脂汗も引いていく感じになりました。

結果的には先生にも告げることもなく、無事に治療も終わりその日は何事もなく家に帰りました。

さぁ、ここからが大変だ。

この日なんとかなったのは不幸中の幸いなのですが、問題はここからです。

一度歯医者さんでこのようなことが起こると、次の治療のときにも今回の症状が出てしまうんじゃないかという強い不安が頭の中に残ってしまいます。

家に帰ってから必死に考えました。

なぜあのような症状が出たのだろうか。

そこまで強い不安があったのだろうか。

歯医者さんのなにが嫌いなのだろうか。

できる限りいろんな疑問を挙げてひとつずつ自分の気持ちを考えてみました。

そこで浮かび上がったものは、「痛みに弱い」「歯医者さんそのものが苦手」「空間が苦手、緊張する」というもので、これらの気持ちに正直に向き合うことにしました。

自宅で行なった決死のトレーニング

Windows PC スクリーンセーバー「バブル」

気持ちが分かったところで問題は解決されません。ここからは、次回以降の歯医者さんでパニック症状が出ないようにするためになにができるのかを考えました。

そこで歯医者さんの環境を思い出して、自宅でその環境と同じ状態にすることはできないか?と思い、雰囲気、置いてあるものなどを思い浮かべました。

すると、あるひとつの光景を思い出しました。

それがこの画像です。

治療する席(ベッドのようなあれ)の真正面に大きいモニターがあって、いつもこのバブルのスクリーンセーバーが稼働しているのです。

「これだー!!!」となり、僕は「このスクリーンセーバー(バブル)」と「これを見たら精神が安定するという感情」をリンクさせることにしたのです。(ちなみに僕が行っている引き寄せ超感覚では、これを「意思」と呼んでいます)

まず僕のパソコンのPCでこのスクリーンセーバーが表示されるように設定し、時間があるときにはずっと眺めるようにしました。

そのときに「良かった、これを見たら安心できる」と脳に信号を無理やり送り込みます。

次回の治療の日までの数日間、毎日毎日繰り返しトレーニングを行ないました。

パニック症状からの脱却

次の治療の際には

「これだけトレーニングしてきたし、リンクさせたから絶対大丈夫だ!それに万が一また症状が起きたら先生に言って休ませてもらえば済む話。むしろそれを言っちゃったほうが、なにか痛みを和らげる治療法を提案してくれるかもしれないし!」

とポジティブに考えつつも、リスクの回避だけは考えて治療に挑みました。

結果は驚くほどに何事もなく終了。もちろん注射もしましたし、キーンキーンと耳元でレゾナントする例の機器もやりました。

エンパス体質ということもあり、当時は本当に未熟だった僕は雰囲気や人、状況に支配されてしまうことが多かったため、電車の中でパニック症状に陥ったりしたこともありました。

その都度このような方法を使って「なんとかしてきた」感じです。

引き寄せ超感覚(引き寄せの法則)

ちなみにパニック障害、不安障害などの行動療法として用いられている方法で「暴露療法(エクスポージャー法)というものがありますが、今回僕が行なった方法と少しだけ似ている部分があります。

暴露療法というのは、高所恐怖症であれば何度も高所に行って身体を慣れさせる方法、今回の歯医者であれば、毎週のように歯医者に行っていれば歯医者自体に嫌悪感が少なくなるかもしれません。

ただ僕は歯医者に何度も行くような生活にはできればしたくなかったので、暴露療法と引き寄せの法則を融合させることにしたのです。

引き寄せの法則(引き寄せ超感覚もこの考えは同じです)では、「(A)と(B)を意思付けることにより(C)を得る」というものがあります。

つまり、「スクリーンセーバーのバブルを見たら(A)精神が安定する(B)ということを意思付けることにより、症状緩和・パニック症状が無い生活(C)を得る」という流れになります。

「パニック症状が無い生活」を引き寄せることで、歯医者さんでのパニック症状を改善することができました。

無理のない範囲でご参考に

僕は重度の方と比較した場合には軽度の扱いになる思うので、数日間で改善することができました。

パニック症状に関わらずもしあなたが今何らかの不安や困難に直面している場合には、今回例で挙げた「暴露療法」や「引き寄せの法則(意思付け編)」を試してみてはいかがでしょうか。

もちろん病院に行っている方は先生の指導の元で行なってください。(自己流はかなり危険です)

精神疾患を患っていない方で軽度な不安や困難がある方は効果的な場合があります。

引き寄せの法則は自己流では少し難しいと思うので、その場合は引き寄せの法則を扱うコンサルタントやカウンセラーに依頼をするか、無理のない範囲で暴露療法から考えてみてください。

Facebookでグループ作りました!

ちなみに僕が行っている超感覚カウンセリング及び引き寄せ超感覚コンサルティング(アカデミー)は、「超感覚」と「引き寄せの法則」を使ったカウンセリングとコンサルティングになります。

近日中に超感覚カウンセリング専用のページを公開致しますので、今しばらくお待ち下さい。

さてさて、Facebookでとあるグループを作ってみました。

その名も、『【引き寄せ超感覚】精神と時の部屋』です。はい、ドラゴンボール好きな方なら精神と時の部屋のことはご存知かと思いますが、その精神と時の部屋です(笑)

このグループの目的と意図は以下の通りです。

(1)引き寄せ超感覚を多くの人に知ってもらいたい
(2)憩いの場を提供したい
(3)メンバー同士の励まし合いや学び
(4)個別でセッションをお願いするほどではないが、ちょっとしたことを聞いたり相談したい

主にこちらの4つです。

引き寄せ超感覚という名前は僕が最近つくった名前ですので、認知度はまだまだ低いです。しかし、これまで僕が活動してきたことや学んできたことの集大成ですから、深く知り、学んでいただければ必ず実感していただけるはずです。

偽善者と思われてしまうのも、ただの良い人と思われてしまうのも少し違うので予め書いておきますが、引き寄せ超感覚を広めるということは僕の利益にも繋がることです。

パートナーと3匹の猫ちゃんにご飯を食べてもらうためにはお金は必要で、ボランティアではなく僕はこれを仕事としています。

しかし、「晴れた日に傘は必要ない」のと同じで、引き寄せ超感覚、または僕のカウンセリングやコンサルティングを必要としていない人にはご提供致しません。

必要としていない人へ強引にアプローチをかけて得たお金は「生きたお金」とは呼べず、そのような方法で集めたお金はいずれ消えて無くなります。

必要としている人に必要な分だけお届けするのが僕の信念です。

また、(4)で挙げた「個別でセッションをお願いするほどではないが、ちょっとしたことを聞いたり相談したい」ですが、こういう方も多いと思います。

これについてもお話しておきますと、グループ内で投稿してくださった質問等は僕が無料でお答えしたり、アドバイスさせていただく予定です。

これには僕にもメンバーさんにもメリットがあります。

まずメンバーさん側のメリットは無料で質問できるということ、そして無料でちょっとした悩みや不安が改善される可能性がある、という点です。

そして僕側のメリットは、引き寄せ超感覚というものをまずは投稿で軽く知っていただき、個別で本格的にカウンセリングやコンサルティングを受けてみたい!と思っていただけた場合には、その方にクライアントになっていただける可能性があるという点です。

あとはやはりメンバー同士の交流や、励まし合いができる環境をつくりたいというのが本音です。

皆さん私生活を全力で一生懸命に送っていることと思います。

Facebookをしている人の中には、病気で働くことのできない人、働いてはいるものの毎日不安で精神が不安定な人、どちらもたくさんいるはずです。

中には「心が温まる場所」を求めている人もいるかもしれません。

利害関係など関係なしに、自分が元気なときに誰か悩んでいる人を励ましたり、逆に自分が落ち込んでいるときに誰かに励ましてもらったり、これぞ人間関係という場所をつくりたいなと思いました。

だからこそ参加されるメンバーさんに最低限はこだわろうと思っています。

僕はこういう仕事をしているということもあり、批判されるのは当たり前な立場なので良いのですが、メンバーさんの中には攻撃的なコメントに耐えられない方もいるかもしれません。

管理人という立場としてそこはしっかり治安を守っていきます。

あとは・・・すぐにできるかはわかりませんが、「仕事を辞めれば絶対精神状況は良くなるけど、生活があって仕事が辞められない」という方もたくさんいらっしゃると思っています。

逆に言えば、「生活がなんとかなるのなら、仕事を辞められる」というわけですから、超感覚以外にも経営学やマーケティング戦略を活かして起業の支援などもしていけたらな〜なんて思っています。

とにかく、僕と仲良くしてくださった方やクライアントさんにはとことん幸せになってもらいたいので、僕のできる範囲でどんどんできることを組み込んでいこうと思います。

【引き寄せ超感覚】精神と時の部屋はこちら

ちなみにこのグループは非公開グループのため、メンバー以外の方から投稿やコメントが見られることはありません。僕と会ったことのある方は全員温かい方ばかりですので、ぜひぜひご参加お待ちしています!

そしてまだ僕とやり取りをさせていただいたことのない方につきましてはプロフィールや投稿内容などを少し拝見してから承認の可否をしようと思っています。

本日からメンバー募集しますので、どうぞよろしくお願い致します!

 

コムコナ合同会社社長
超感覚カウンセラー
引き寄せ超感覚コンサルタント
関 根  浩 平
CekineCo

 コムコナオフィシャルサイト
Facebook Twitter

お知らせ

【超感覚カウンセリング】
【引き寄せ超感覚アカデミー】

*コムコナオフィシャルサイト*
https://www.comcona.com

*CekineCo Facebook*
https://www.facebook.com/cekineco

*CekineCo Twitter*
https://twitter.com/cekineco

*cekineco Instagram*
https://www.instagram.com/cekinecocci

シェアしていただけると嬉しいです!

*コメントする*