【-12kg達成】たった数ヶ月で確実にダイエットできる方法。

写真は先日鎌倉に行った際に後ろから盗撮された写真です(笑)髪がな〜がい。

ついこの間美容院行って約6年ぶりにパーマをあてがってもらったのでもう少し雰囲気変わりました!

さて、今日はダイエットのお話。

わたくしですね、去年7月23日にダイエットをスタートし、現在も現状維持を続けられるように奮闘しています。

ダイエットしたいけどなかなか体重が減らない!という人のために、ほぼ確実に痩せられる方法をこの記事でご紹介します!はじめにお伝えしておきますが、「楽して痩せられる!」というものではありません(笑)

ダイエットをするのはそれはそれは精神もなかなかしんどいものですが、僕のように目標が10kg減とかではなければ、比較的楽な方法かもしれませんので、ぜひトライしてみてください。

目標を定めましょう

何かをはじめるときは数字で表せられる具体的な目標を定めるのが良いです。

僕の身長は178cm。ダイエットを決意したときの体重は74.6kgですから、結構良い感じで顔が満月のようなあれでした。

僕ですね、生まれたときの体重が4,242グラムという結構な巨体で母親を苦しめた系赤ん坊だったのですが、体が筋肉質で、急激に太りにくい体ではあるのですが、痩せるのも結構大変な体質のようです。

ダイエットをすることを決意したので、目標は大きく65kg!ちなみに僕の身長での理想体重は68.9kgぐらいですから、理想体重よりも少し軽くなろうと思ったのです。

これからダイエットする人はまず、今からどれだけ痩せたいかを明確な数字として定めましょう!

そして体重測定は朝1回夜1回は必ず行なうようにします。しばらくの間は頻繁に体重を計ることで、なにをしたら体重が増えるのか、はたまた減るのかを調べることができます。

断食して胃腸を綺麗に

これはあくまで僕の方法ですので、全く同じ方法でやらなくても大丈夫だと思うのですが、僕はダイエットをするときは初日と次の日の2日間、プチ断食を行ないます。

これは胃腸を綺麗にするのとデトックス効果を狙っています。

すっごくお腹が空くんですけどね、断食をすると1日1キロは絶対に減ると思うのでそりゃ嬉しいわけですよー。僕は結構変なストイックさがあるので断食中は水とコーヒー以外は飲みません。(胃腸に悪いので本当はコーヒーは避けたほうが良いのですが、コーヒーを制限されてストレスになるのはちょっとあれなので、僕は飲んじゃいます)

3日以降の食生活

簡単に1日の食の流れを書きますと、

朝ごはん:スムージー(意識高い系のあれです)
昼ごはん:好きな食べ物(食べ過ぎは注意)
夜ごはん:食べない or 18時までに豆腐などのカロリーが低い食べ物を少々

この流れです。

朝ごはんは本当はしっかり食べたほうが良いのですが、夜ご飯をしっかり食べていないので、久しぶりに食べるものはほとんどが体に吸収されてしまうんです。

ですから、朝ごはんがっつり食べたい気持ちも分かるのですが、全部吸収されてしまっても良いように、スムージーなどにしておくと完璧です。

僕はこのためにミキサーを買い、リンゴ、バナナ、キウイ、カロリーオフの豆乳(もしくは牛乳)を頻繁に買っていました。

朝起きてミキサーを用意してそれを飲み干したら、30分〜60分後には何か食べても大丈夫です。イメージとしては、その日の最初の食事はスムージーにしたほうが良いです、ということです。

クリックで拡大します!

僕はこの方法を行なっただけで、1ヶ月で8キロほど痩せました。目標体重に近づいたので少し緩めたら良かったのですが、お昼ごはんで好きな食べ物を食べられるので不思議とほとんどストレスがありませんでした。

そして毎日目に見えて減っていく体重を味わうと楽しくて楽しくて仕方がありませんでした(笑)

もっと頑張ろうともう1段ギアを入れ、継続していきました。

ちなみに、夜ご飯を食べるか食べないかはその日の体重の減り具合やお腹の空き具合で決めていました。食べるときは、冷奴(夏だったので)、納豆、キムチ、ヨーグルト、このあたりです。チーズは結構良いのでベビーチーズも1つ食べたりしていました。

2ヶ月で目標達成

ダイエット開始から2ヶ月後の9月23日、目標体重の65kgに達しました。それなりに努力をしたつもりではありますが、「めちゃめちゃ頑張ったのかお前は?」と聞かれたら「めちゃめちゃではない!」と即答できるレベルでした。

ここまでくるとですね、「どこまで痩せられるのかな?」という気持ちになってしまったのでダイエットを続けることにしました。

10月の旅と11月の旅

ダイエット開始から3ヶ月後、74.6kgあった体重がMAXで61.3kgまで減りました。マイナス13.3kgという成果を上げることができたのですが、問題は会食や旅行です。

僕は幸いサラリーマンではないので会食は昼にすることができたり、夜だったとしても自分は軽食にさせてもらったりと融通が効くので比較的その点は問題ありませんでした。

ちなみにお酒もほとんど飲まないので、夜の誘いてきなあれもありません(笑)

10月末に生まれ故郷の福島県に行く予定と、11月頭に友達の結婚式で奄美大島に行く予定がありました。旅行先では3食しっかり食べることはもちろん、旅館などで夕食を残そうものなら申し訳ない気持ちにもなります。

「そこはもう諦めた!」と腹をくくりました。しかし僕の考えでは、いきなりたくさん食べると体がびっくりしてしまうと思ったので、その数日前から食事の量を増やしたり、夜ご飯もある程度しっかり食べたりしました。

クリックで拡大します!

当然食べないダイエットは通常の食事に戻したときに体重は増えるのですが、人間の体はすごいもので、一定の体重に体が慣れると、その体重に戻ろうとしてくれるのです。

グラフを見ていただくと分かる通り、2つの旅行が終わった11月中旬には一度64kgを越えてしまっていたのですが、そこから徐々にまた下降していきました。

12月頭にグラフがピョンと跳ね上がっているところがあると思いますが、これはダイエット中はよくあることで、体の水分量などが関係しています。

トイレに1回行く行かないでも500グラムぐらいは平気で変わるので、1日で1キロ増えたり減ったりすることは驚くことではありません。(女性はとくに時期により変動が大きいです)

11月中旬からは維持期間

体重を減らすこと自体はすごく簡単です。食べなければ良いだけの話なので(笑)

一番大切なのは「リバウンドしないこと」であって、僕は11月から体重の維持期間に入りました。この頃には毎朝のスムージは辞めて、普通にご飯を食べていましたし、夜ご飯も18時までにほぼ毎日食べていました。

年末年始、お餅が美味しい時期になってしまったので少し太ってしまいました。それも自分の中では想定内で、「年末年始が終わったときに65kg以内なら許す!」と自分の体に伝えておきました。

僕の理想は体重を63kgから64kgにキープすること。2018年1月25日現在の体重は64.3kg〜65.0kgなので、もう少しで維持期間に戻すことができます。

すごいストイックに聞こえるかもしれませんが、アイスを食べたりたまにはポテチてきなジャンクフードを食べてみたり、夜19時までは好きなものをある程度食べています。

ダイエット中の素晴らしいアイテム

ダイエット期間、夜中にどうしてもお腹が空いてしまうことがあるかと思います。お腹が空いて眠れない、なんてこともありますよね。

そんなときにすごく良いアイテムがあります。

それは純度100%のはちみつです。もう一度いいますが、純度100%のはちみつです。

スーパーなどでは安いもので1kgで500円〜600円で売っていますし、少し良いはちみつであれば1,000円ちょっと出せば手に入ります。

はちみつは身体にすごく良いアイテムで、美肌、喉、精神安定、脂肪燃焼などの効果があります。

ですから毎朝、毎晩(寝る1時間前)にティースプーンで1杯そのまま食べます。ちょっと良いはちみつだと、花の香が直接鼻を抜けてくるので、ほぺたが落ちそうになるほど感動します。

ちなみに僕が買っているはちみつの写真です。これはAmazonで1,000円前後で売っていて、結構美味しいのでオススメです。本当は国産のが良いのですが、結構良い値段するので、毎日使うにはちょっとあれがあれでああなってしまうので。

Amazon(はちみつのリンク貼っておきますね!)

ダイエット中の運動は?

学生時代はほぼ毎日運動していましたが、アラサーにもなるとなかなか。。ということで、ダイエット中は時間があるときは頻繁にお散歩に行っていました。

もともと骨格筋率が高く基礎代謝が僕は結構高めなので、ちょっとのウォーキングでも1キロ近く体重が減ることもありました。もちろんそれは夏ですが。

ですから運動ができる人はもちろんしたほうが良いですし、時間的に厳しい人はウォーキングなど、無理のない範囲で運動するのが良いと思います。

ダイエットはストレスにならない程度に

女性の場合、時期によってはイライラしたり、たくさん食べたくなる時期があるかと思いますが、1ヶ月の目標をマイナス3キロ程度に留めておくことで、今回紹介した方法で実現可能かと思います。

僕は結構楽しくやっていたこと、それから研究したくなる性格から、現在体重から1日の資質摂取量を計算したり、カロリーだけでは見えてこない部分まで調べましたが、物好きでない限りそこまでする必要はないと思います。

ダイエットキムチを自分で作ったり(3日かかりました笑)、ブランパン(低カロリーパン)でハンバーガーとか作って楽しんでいたぐらいなので(笑)

そしてもう1つ知っておいていただきたいことは、1日に1キロ太る(脂肪がつくという意味)ということはほぼありえません。前の日より体重が1キロ増えていた場合、それは体の水分量などが大きく影響しています。

このようなときは余計な塩分を体から抜いたほうが良いので、たくさんお水を飲み、たくさんトイレに行くようにします。そして味付けが濃ゆくなりすぎないように注意します。

体重はちょっとしたことで変動しますが、あくまで冷静に、1日単位ではなく1ヶ月単位で増減を見ていくようにしてくださいね。

ダイエットのことでご質問等ありましたら、Twitter、Facebookなどでどんどん聞いてください!分かる範囲でお答えしますので(笑)

 

☆今日のうた☆
歌うたいのバラッド
斉藤和義

コムコナ合同会社社長
超感覚カウンセラー
引き寄せ超感覚コンサルタント
関 根  浩 平
CekineCo

 コムコナオフィシャルサイト
Facebook Twitter

お知らせ

【超感覚カウンセリング】
【引き寄せ超感覚アカデミー】

*コムコナオフィシャルサイト*
https://www.comcona.com

*CekineCo Facebook*
https://www.facebook.com/cekineco

*CekineCo Twitter*
https://twitter.com/cekineco

*cekineco Instagram*
https://www.instagram.com/cekinecocci

シェアしていただけると嬉しいです!

*コメントする*