経営ってなに?なにから始めたら良いの?

『経営とはなんですか?』
という質問をされた場合、あなたならどのように答えますか?

では、

『ビジネス(働く)とはなんですか?』
という質問をされた場合はどのように答えますか?

経営のはじまり。

「よし、これから事業主として頑張っていくぞ!」という意気込みのある方は、まずはこれらの質問に答えられるようになることからスタートするのが良いかなと思っています。

まず経営とは、「見込み客を作る(増やす)こと」「収益を上げること」が答えとされています。

見込み客というのは、自分の商品やサービスを購入してくれそうな人のことをいいます。

そしてビジネス(働く)とは、「お金を稼ぐこと」が僕の答えです。

「経営」と聞くと難しく考えてしまいがちですが、答えはいつだってシンプルで、

経営とは

「売る商品をつくり、見込み客を増やして、
その見込み客に対して商品を売る」

ゆえに

「ビジネス=お金を稼ぐこと」

これだけのことなのです。

俗に言う「お客様を集める=集客」や「性別や年代を細かくターゲットしていく=ターゲティング」、「一貫した姿勢を保つことや自社ブランド力の植え付け=ブランディング」などは、これらの後に生まれてくるものであり、経営自体は実にシンプルです。

本当に、すべてをシンプルに。

セミナーに行ったり、起業塾に通ったり、はたまた本などで経営のことに一度触れると、頭が混乱して先々が不安になったり、安定した収益を生み出せるかなどの不安が先走り、結果的に間違った勉強法を実践したり、今しなくても良いことに一生懸命になってしまったりするかもしれません。

これはもう多額な機会損失になりますので、「シンプルに。シンプルに。」と呪文のように繰り返し意識し、物事の優先順位や不要な思考を頭の中に取り入れないようにしましょう。

「やりたい」って気持ちに嘘つかない。

『こんなんしてみたいな~』
『昔からの夢だったんだよね~』

のような自分の正直な気持ちに嘘をつかないことも大切です。

自分が無理だと思えばそりゃーもう無理ですし、「これいけるー!」と自信満々に突っ走れば、余程とんこびったこと以外のことであればそれなりにいけたりするものです。

お金の使い方。

経営には少なからず「お金」がかかります。それが5万円かもしれないし、スキルを得るために50万円かかるかもしれません。

お金を稼ぎたい、自己欲求を満たしたい、地位を得たいなどなど、人それぞれに目的があると思います。

ここで考えたいポイントは、これらの目的の多くは、「自分に対するもの」ということです。

自分に対するものを得るためには、何かしらの対価が必要で、「お金」「時間」「労力」などが挙げられます。

十分なお金が既にある人であれば良いのですが、多くの人はそこまで多くの金額を用意するのは難しいですよね。それであれば、無駄なお金は1円たりとも使わずに、自分自身が絶対に必要なものと思うことだけに投資しましょう。

投資といっても、知識やスキルのために本を買ったり、セミナーや塾へ勉強しに行ったりの部分で、あとは時間と労力をトコトン費やします。

投資によって学んだことを決して無駄にすることのないように、時間がかかっても、理解が出来るまで自分自身で復習しましょう。

 

今日は、経営のはじまりについてお話してみました。

今後、本当の本当にイチから経営を学べるカリキュラムてきなものをご提供出来るよう、現在検討中です。『cekinecoの話聞いといて良かった~』と渋谷のセンター街で大声で言ってもらえるように、全身全霊をかけて作っていきます。

どのような形でのご提供になるかはまだ分かりませんが、ご興味のある方はどうぞ楽しみにお待ちください。

もちろんこのcekinecoオフィシャルサイトでも、できる限り頻繁に経営や心理学、心の病やマインドセットに関する記事は書いていきますので、今後共どうぞよろしくお願い致します。

 

エンパスジェネラリスト
cekineco

お知らせ

宜しければ、下記SNSも閲覧及びフォローをお願い致します。

Instagram
https://www.instagram.com/cekinecoffee/

Facebook
https://www.facebook.com/cekineco

Comments

ピックアップ記事

  1. 表裏一体(ひょうりいったい)、この言葉はどこかで耳にしたことのある方が多いと思います。表と裏…
  2. 『○○先生は誰からも愛される先生でした。』という言葉をよくテレビ等で耳にする機会があると思います。…
  3. 今日は「なぜ多くの人(企業)がネットビジネスを取り入れているか」のお話です。まず、昔ながらの…
  4. なにかを始めるときに少なからず『勇気』は必要です。どうしてもマイナスのことを考えてしまったり…
  5. 一度は聞いたことはあるものの、深くは考えたことはないということってたくさんありますよね。「自…
PAGE TOP